シンプルライフにはまだ遠い

シンプルライフ目指して悪戦苦闘中の忘備録。収入が激減したのをきっかけに1カ月20万円の収入で老後資金まで貯めようとチャレンンジする内容にシフトしていこうと思っています

iHerbのサプリにはまっている話

今、iHerbにはまっています。

iHerbとは良質なサプリメントやオーガニック商品などを販売する世界で最も大きいアメリカのオンラインショップのこと。

 

記憶力の衰えが気になりつつあり、フィッシュオイルとイチョウ葉サプリメントを探していたのですが、40ドル(日本円で4500円ぐらい)以上買うと送料が無料になるということで、評判の高かったリプライセルというビタミンCとビオチン等を合わせて購入。そうしたらこれがすごかった!

 

ビオチンは皮膚や髪の健康を保つのに必要な栄養素ということですが、私は『花粉症が軽減された』というレビューに惹かれて購入。

ビタミンCを一緒に摂ると吸収がよくなるということで、ちょっとお高かったのですが、美容大好き女子がこぞって「いい!」と絶賛しているリプライセルも買ってみたのです。

でね、飲み始めてすぐ、それまで色素が沈着して、やや硬化していたひじがピカッピカになったんですよ!

しかも気がつくと体のあちこちがすべすべになっていて、無意識に自分の手足やおしり触ってしまうという現象が(笑)。ほら、赤ちゃんの肌を触るのって気持ちがいいじゃないですか。あの感じをセルフで体験できるっていう。

 

それからレビューを見てはいろいろ試して約半年、現在はこれだけのサプリメントを飲んでいます。

f:id:ukosako:20180525110620j:plain

 

ここのところ、というか去年の春先からだから、もう1年以上?

めちゃくちゃ忙しい日々が続いていて、ストレスで過食をしたり、とにかく心身ともにクタクタでボロボロだったのですが、これらのサプリを飲み始めて、今はすこぶる調子がよいのです。

もちろん疲れてはいるし、絶好調!とはいえませんが、どんなに遅く寝ても朝ぱちっと目が覚めるし、どんなに深酒しても翌日残らないし、これだけ体によくない生活をしているわりに、お肌の調子は忙しくなる前よりもよくなっています。むしろ、ここ数年間で、一番いい状態なんじゃないでしょうか。

 

そして、昨日、またまた新たなサプリを購入しました。

だいたい5~6日後ぐらいに届くので、それが届いてしばらく試して効果が見えてきたところで、具体的なサプリの紹介をしてみようと思います。

 

 

メンタルにも影響大だった家具の配置

f:id:ukosako:20180507203107j:plain

こちらの配置にしてから、空気の抜けがよくなり、気分まで風通しよくなっているような感覚を覚えます。

 

手前の仕事ゾーンで作業をすることが多いのですが、スチールラックがちょうどよく壁になってくれて、奥で夫がテレビを見ていても、あまり気になりません。

それでいて完全に分離しているわけではないので、気配も感じられるし、必要なときに会話もできるし、キッチンが近いから(写真のさらに手前側)、火にかけた鍋を気にしつつ仕事する、みたいなことが安全に行えたりと、働く主婦には何かとメリット多し。

 

f:id:ukosako:20180525110612j:plain

今朝の猫ども。

奥のソファの黒い棒状のものは、黒猫です。

手前のワンシーターは完全にアメショ専用になってしまいました。

黒猫は寒いうちは食パンクッションで寝てくれていたのですが、最近はもっぱら座面と背の間に伸びているか、床で四肢を伸ばしてぐだっています。

 

テーブルは無印のリビングでもダイニングでも(逆だったかな)使えるシリーズ。夫とふたりなので、リビングとダイニングをわざわざわけなくてもいいよね、と昨年末からこの形に。

我が家はふたりとも仕事の時間が不規則で、食事もバラバラに取ることが多く、くつろぐスペースと食事のスペースをわけたほうがいいかなと思っていたのですが、一緒でも問題なかったみたい。

一方が食事してる隣りで、もう一方がPC使ったりしているので、そういうのが衛生的に無理!って人はダメでしょうが…。

 

同じ広さでも、家具の配置によって、こんなに気分が違うんだ、というのを実感する日々。

夫も私も出張が多く、行く前や帰ってきてから、しばらくスーツケースなどの出張グッズを出しっぱなしにしてしまうこともあるのですが(くたびれちゃうんでね)、手前側にガラーンとしたスペースがあるので、なんかあんまりごちゃごちゃ下感じにならないのも助かります。

掃除もしやすくなって、以前よりずっと、部屋をきれいに保てるようになりました。

一番長い時間を過ごすスペースなので、この配置にしてから、メンタル面も安定してきた気がします。

 



試行錯誤

LDKはもともとオーソドックスにダイニングセットと、

ソファ&ローテーブルでダイニングとリビングスペースをわけていました。

f:id:ukosako:20170908142608j:plain

わかりづらいですが、ダイニングテーブルからリビング側を見た風景。

 

しかーし、少しでも家具を減らしたいという思いから、

無印の「リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ」のテーブルを買い、

ダイニングとリビングを集約したのがこちら。

f:id:ukosako:20180214165533j:plain

 手前の元ダイニングスペースがガラーーーンとなりました。

 

その後、テーブルをダイニング専用にして、

リビング部分をフリースペースにしてみたのが、こちら。

f:id:ukosako:20180507203052j:plain

今度はリビングがガラーーーーン。

 

 

ところが、これはいろいろ不都合がありまして。

一番の問題は、私がこのテーブルで仕事をするようになり

(二番目のレイアウトのときは、写真手前の写っていないスペースに

仕事用のデスクを置いていた)

常にテーブルの上にPCやら仕事の書類やらが置きっぱなしの状態に。

かつ、この配置だと意外と掃除がしずらかったんですよね。

 

 

で、もとの配置にテーブルとソファを戻し、

かつ窓際にあったテーブルと別部屋にあったメタルラックを

ダイニングスペースに持ってきたのがこちら。

f:id:ukosako:20180507203107j:plain

写真だと、あまり変化がないように見えますが、

体感の印象はだいぶ違います。

 

とりあえず、一番落ち着く配置になったかな。

机に向かっているときも、左のメタルラックが壁になるため

意外とクローズドな雰囲気を保てています。

個室とまではいきませんが、仕事をするうえでは

今までで一番集中できる環境になりました。

 



 

リビング&ダイニング兼用

年末に無印のリビングでもダイニングでも使えるシリーズのテーブルを購入しました。

 

それまで、LDKのキッチン寄りにダイニングセット、

窓際にテレビやソファ、ローテーブルを置いていたのですが、

今のシンプルライフ寄りのスタイルには見合わないなという思いが

日に日に強くなり…。

ダメ元で夫にリビングとダイニングを兼用したいと提案をしたところ、

あっさりOKが出まして、LDKをプチ改造することに。

 

今までの全体像がわかる写真がなかったのでわかりづらいのですが、

手前のPCや猫が載っているのがダイニングテーブルで、

その奥にソファとローテーブルがあります。

f:id:ukosako:20170908142608j:plain

 

ソファ側からダイニング側を見たところ。

ダイニングテーブルの横に同じ高さのデスクを配置し、

仕事用のスペースにしていました(デスクトップPCのある部分)。

f:id:ukosako:20161215173140j:plain

 

ここには別のデスクを置き、引き続き仕事スペースとして活用。

IKEAの棚(↓手前に見えている白い家具)を置いて仕事の書類などを収納しつつ、

リビング&ダイニングスペースとの仕切りにしています。

 

デスクトップPCを置いていたデスクは窓際に移動し

(デスクトップは古いので処分)、

細々したものの置き場に(デスク下は猫のごはんスペース)。

f:id:ukosako:20180214165533j:plain

テレビやキャットタワーの位置は変わらずですが、

単純に家具が半分になったことで、LDKがかなりガランと広々しました。

 

もっといい配置があるような気もするのですが、

とりあえず、今はこの状態をなかなか気に入っています。

いつの間にか師走になってた

この数ヶ月、いろいろありました。

 

父が末期ガンとわかり、

入院してすぐ緩和ケアの施設探し、

施設が見つかってからも、介護認定の受けなおし、

施設のスタッフや新しいケアマネージャーさんとの面談、

入所の手続き、入所の準備、退院&入所…

で、1ヶ月もしないうちに亡くなってしまい、

通夜や葬儀、そして四十九日…

 

その間、仕事で2回も海外出張があり、

気がついたら……師走になっていた!

 

なんだか、人生の中でもいろいろあった数ヶ月のはずなのに、

何もしていないような、不思議な実感。

 

実はまだなかなかハードな出張が控えています。

それが今年最後のビッグイベントかしら。

無事終えられるかな。

 

落ち着いて今年を振り返れる日が1日でもあるといいんだけど。

 

 

キッチンシンクの超地味なリニューアル

キッチンシンクのあるパーツを買い換えました。

 

 before

f:id:ukosako:20170930145146j:plain

これを……

 

after

f:id:ukosako:20170930145240j:plain

これに。

 

before

f:id:ukosako:20170930145327j:plain

中のゴミ受け皿を……

 

after

f:id:ukosako:20170930145410j:plain

これに。

 

排水口の掃除が好きじゃない人は多いと思います。

私もそういう一人でした。

ちょっと放置してしまったときのヌルヌルが本当に気持ち悪くて、ゴミ受け皿に丸めたアルミホイル入れてみたり、市販のグッズもいろいろ試しました。掃除も定番の重曹クエン酸、キッチン泡ハイターと、いろんな洗剤にお世話になっていました。

 

それがあるとき、「汚れる前に掃除しちゃえばいいんじゃない?」という単純なことに気がつき、以来、毎日掃除→汚れない→汚くないから掃除するのも嫌じゃないのループで、基本汚れない排水口になったのです。

なので排水口のふたも、ゴミ受け皿もいつもきれいにはきれいなんですが、プラの部分の経年劣化がどうにも気になってしまい。

それで思い切ってオールステンレスに取り替えました。

 

思い切ってっていったって、トータルで825円(笑)。地味なリニューアルですが、見た目もすっきりしたし、ピカピカのステンレスはやっぱり気持ちがよく、お値段以上、変えてよかった!

一応古いほうも、酸素系漂白剤に漬けて捨てずに取っておきます。

 

 

 

顔は見ずにバイバイ

今、まさに断捨離祭り開催中です。

ukosako.hatenablog.com

 50年の人生の中でも最大の「捨て」のフェスティバルになるのは間違いなし。なんていったって、不用品回収の“業者”を依頼したぐらいなので、そこは今までの「捨て」とは規模が違います。

 

ダンボールなどにまとめておけば何でも(といっても、ナマモノなどダメなものもありますが)持って行ってくれるので、つい頼ってしまいそうになりますが、容量が増えると料金がかさむため、普通ゴミで捨てられるものは自分で捨てるようにしています。

で、今日も45リットルのゴミ袋を6袋ほど捨てました。


そもそも業者をお願いすることにしたのは、家具などの大物が多いから、だった訳で。自分でできることはなるべくやらないとね。

 

先日、マンションの消防点検があり、全部屋(トイレや洗面所も含む)に人が入るので、いつもより念入りに掃除をしたのですが(苦笑)、その際魔窟化している夫の仕事部屋にも手をつけ、長い事パンドラっていた箱を開けてみたところ、中身がほとんど不用品だったっていう。

 

折りたたみ式のコンテナの中からは、古い座布団やら、百均っちっくなケース類、古い雑誌、本体はとっくに捨ててしまった機器の取説……などなど、ほとんどなくても困らないというか、要らないものばかりが出てきました。

上にブランケットがかかっていたので、おそらく一時猫の寝床にしてたんだと思う。それでクッションがわりに座布団を入れてたんじゃないかと推察。中身はそのままゴミ袋行きに。そしてコンテナを畳んだら、すっきり! 

 

あと、押入れからは「これ、なんだ?」というコンビニ袋が出てきました。上から触ってみると、ほどよく柔らかい。あ、これは20代前半の頃なぜか集めてた、ブタのぬいぐるみたちだ。

なんども「捨て」の対象になりながら、顔を見ると捨てられず、ここまで生き残ってしまっていたけれど、幸い、袋に入っていて顔は見えない。よし、このまま捨ててしまおうと、ゴミ袋に放り込みました。さすがに少し心が痛んだので、

「今までありがとうね」

と声をかけ、ゴミ置場に置いてきました。


捨ててみると、今までなんで捨てられなかったのか不思議。感傷?


もしそうだったとしても、一時のセンチメンタルな気持ちより、物がなくなってスッキリしている状態を、今なら優先する。


随分捨てているつもりなのに、まだまだ物がたくさんある。

何にもない、ガラーーーンとした部屋で、シンプルに暮らしたいなぁ。


それが、当面の目標かなぁ。