シンプルライフにはまだ遠い

シンプルライフ目指して悪戦苦闘中の忘備録。収入が激減したのをきっかけに1カ月20万円の収入で老後資金まで貯めようとチャレンンジする内容にシフトしていこうと思っています

部屋を借りました

ちょうど1年前に母と同居になるかもしれないという記事を書きました。

ukosako.hatenablog.com

 

この記事を書いて間もなく父が他界し、葬儀やら何やらで忙しくしていた間は大丈夫だったのですが、しばらくして落ち着くとガクンと母の体調が悪化。

年末からずっと、うちや妹宅を行ったり来たりしていました。

 

こちらに来ているときはそんなに体調が悪いように見えないのですが、

少し体調が戻って、 自宅に戻ると体調が悪くなってしまう。

 

特にこの夏は暑かったのもあり、一度は不整脈で救急車を呼び、

一度はめまいがひどく、近所の介護施設にご厄介に。

 

二度とも私は仕事、妹も義実家に行っていたり、子供の行事があったりで、

すぐには対応できず。

お世話になっているケアマネージャーさんに付き添っていただきました。

 

とはいえ、毎回ケアマネージャーさんを頼るわけにもいかないし、

私たちも仕事を持っていたりするので、せめて近くに住めないかとあれこれ

検討していました。

 

 

ちょうど妹の夫が税金対策で不動産投資を考えていたこともあり、マンションを買う案も浮上したのですが、買うならオリンピック後だろうということで白紙に。

 

そうこうしている間に、妹宅の近くに私と妹で借りている仕事部屋の

更新期限が迫っていることに気付き、だったら更新はせず、

事務所兼母の住まいとして少し広い部屋を借りるのはどうかとなり、

ちょうど母も妹宅に来ていたので一緒に条件に合いそうな部屋を内見したところ、

2件目にしていきなりいい部屋に当たってしまいました。

広さ、収納、日当たり、設備など申し分ない。家賃もまあ、払える範囲です。

何より妹宅から歩いて2分ほどの、スープの冷めない距離。

速攻で申し込みをして、決めてしまいました。

 

実家は残すので、母も月の20日間ぐらいを過ごす別宅ぐらいの気持ちで住んでみるわと、すんなり受け入れています。

 

妹宅は都内の便利な場所にあるので、ショッピングや習い事など活動範囲が広がることで前向きになってくれるといいのですが。

なにより新しい生活を、まず母が楽しんでくれることを祈りつつ。

そして私たちも引越しを機に、強制的に断捨離せざるを得なくなるので、

それも結果的によかったんじゃないかと。

 

 

 

 

 

捨てた、すっきりした、そして始まった

昨年、9月に業者を頼んで、どっさり不用品を持って行ってもらいました。

旧テレビ台(横幅150センチの大物)、下駄箱、IKEAのALGOT×3、木製の書類ケース、メタルラック、ダイニングチェア×1、木製ラック×3、スーツケース、プラスチックケース、ベランダのジョイントパネル、鉢植え(土入り)、食器、大量の書類、大量のVHS、デスクトップPC、ノートPC、etc…

 

それはそれはすごい量でした(これでも、ほんの一部です)。

f:id:ukosako:20180701135816j:plain

業者の方(50代ぐらいの男性)が汗びっしょりになりながら運んでくださって、

申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、

運び出されたあとは、心からすっきりしました。

 

捨てればゴミですが、捨てなければ家の一部。

使わずにいても汚れるし埃もたまります。

それを今まで片付けたり掃除したりしてきた。なんて無意味な時間。

必要だと思って買ったのだから、一時はきっと意味はあったはずですが、

気づかないうちに意味のないものに変わり、惰性で無駄な掃除をしてきた。

なんか…ホラー? 

いやいやいや、私の計画性のなさや考えの浅さがもたらしたこと(苦笑)。

 

定額制の軽トラ積み放題というプランでお願いしたのですが、

容量を超えてしまったのと、オプション(土入りの鉢植えなど)があり

予算の倍以上になりました。

でも、あれだけの量を自力で捨てていたら終わるのがいつになったことやら。

しかも、これって何ゴミか迷うものも多くて(一部に金属が使われた雑貨など)、

これからは不要になったときのことも考慮して

ものを買うようにしよう、と思ったのでした。

 

もちろん、本当に必要なものだけを家の中に入れるーー

これを徹底することが大前提ですが、そのときどんなに必要でも、

ずっと必要が続くとは限らないので、

処分しやすいか、再利用できるか、価値が下がらないかなど

不要になったときのことまで考えてものを買わなければなと肝に銘じました。

 

それから10ヶ月。

相変わらず気づいたらものが増えていて、プチ断捨離をする

というサイクルが続いていますが、

一度思い切って処分したことで、ものが増えても

小さなリバウンドで済むようになっています。

今は散らかし屋の夫が大きな仕事を終え、ニート状態でずっと家にいるため

雑然としがちですが、

f:id:ukosako:20180701143618j:plain

この程度には保てています。

(手前のデスクは私の仕事スペース。ここのほうが雑然としてますね;)

 

っていうかソファの下に一匹、テレビ台の下に一匹、なんかいる(笑)。

ソファの下にいるのはこの子。

f:id:ukosako:20180616114551j:plain

テレビ台の下にいるのはこの子。

f:id:ukosako:20180616114541j:plain

 

物がなくて空気の通りがいいため、今日もなかなかの暑さですが、

グリーンファン1台でなんとかなっています。

 

まあでも、これはまだ全然途中経過。

何もなくてガラーンとした家が決していいわけではありませんが

(実際、最近も新たな調理家電などを導入したりしていますし。

ちなみに昨晩は牛すじの煮込みを作りました。美味でした!)

必要なもの“だけ”がある暮らしを目指して、これからも精進します。 

 

 

 

 

わたし的大ヒット調理家電ヘルシオホットクック

勝間和代さんの『勝間式超ロジカル家事』に影響されて、買ってしまいました。

f:id:ukosako:20180629025927j:plain

ヘルシオホットクック!(横はやはりわたし的大ヒット調理家電「かもしこ」)

 

我が家のホットクックは旧型の1.6Lサイズです。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R
 

 決してお安くはないのですが、まさしくお値段以上!

なんだったらもう1台ほしいぐらい。

 

料理するのが苦にならないので、自炊率が上がりました。

お弁当を持っていくようになり、ランチ代も浮いているので

買ってまだ1カ月経っていませんが、割とすぐ元が取れそう。

基本、付属のレシピ本に載っている料理を作ることになるので、

献立に悩むことが減りました。

潔く、レシピにあるものを作る!

もちろんある程度のアレンジは可能ですが、

今は素直に書いてある通りに作っています。

 

 そんなに料理が好きではないわたしにとって、

毎日、今日は何作ろう……と考えることストレスから

解放されるだけで、どれだけ楽なことか。

 

調理はほとんど材料を切って、調味料を計って入れるだけ。

あとはホットクックが作ってくれます。

かきまぜまでやってくれるので、ほぼほぼ自動です。

ほぼほぼというのは、たとえばビーフシチューなら最初に肉を炒める

といった作業が発生するゆえ。

でも、せいぜいそんなものです。

 

時間はそこそこかかります。

でも、ホットクックが料理をしてくれている間は完全にフリー。

ホットクックに材料を仕込んで、仕込んでといっても

たいがい材料を切るだけなので、まな板と包丁を洗って、

仕事したりほかの家事をしたり、テレビを見たり、

もしくはもう一品作っている間に完成。

でも、最近は食後や、朝のうちにささっとホットクックで仕込んでおいた

作り置きが何品かある状態なので、家に帰ってもう一品仕込んだら、

せいぜい汁物をちゃちゃっと作る程度。

なのに以前より食卓が充実しちゃってるっていう。

 

さらに、特筆すべきは美味しい!ということ。

いや、レシピ通りに作ったら、あれ?!っていうのもあるんですけど。

たいがい味が濃いのが問題なので、次から味付け薄めにすれば済むわけで。

 

それよりも美味しいときの美味しさが感動的なんですよ。

無水かそれに近い調理の仕方をするので、具材の旨味が引き出されて、

特に煮込み系はほんと美味しい。

カレー、ビーフシチュー、クリームシチュー、鶏と大根の煮物、肉じゃが、豚バラ大根、ポトフ、豚の角煮は絶品でした!

 

うーんとなったのは、キャベツとじゃがいもとアサリの煮物。

味はよかったのですが、かき混ぜユニットによりアサリの殻が破壊されて、じゃりじゃりになっちゃった。

でも、今のところほとんど失敗がないので、かなり優秀。

今も明日の朝にできるように、ポークビーンズを予約中。

わたしは玉ねぎをみじん切りして豚肉を2センチ幅に切ったぐらいで、

大豆の水煮とトマト缶、コンソメ、塩こしょうしてセットしておしまい。

朝には出来立てアツアツのポークビーンズができている予定。

 

妹にもすすめたら、さっそく購入し、ふたりでこれが美味しかった、

などと情報交換をしては、せっせと使い倒しています。

 

不思議なもので義務感で料理をしなくなったら、

より満足度を高めたいと調味料にこだわるようになりました。

 

おかげで、さらに家のごはんが美味しくなりました。 

いやーマジでこれは家事の革命です。勝間さん、ありがとう!

 

 

 

 

 

今年は肉体改造の年にする、、、つもり

前回、iHerbのサプリにはまっているという話を書きました。

ukosako.hatenablog.com

 

約半年ほどの間にサプリはもちろん、ヘアケア、スキンケア、食品と

月1ベース、多いときで月2ぐらいiHerbを利用しています。

自分のものだけでなく、夫には薄毛対策、母には骨粗鬆症や栄養全般のケアなどの

サプリをみつくろってみたり(気に入ったものは薦めずにはいられない性格)。

で、私の状態がいいものだから、妹も真似して買い出して、

今では立派なiHerbオタクと化してしまいました。

 

一方で妹からの影響でオーラルケアが気になりだし、

2年ぶりにソニッケアーの電動歯ブラシを購入。

 以前もソニッケアーを使っていたのですが、充電池が寿命を迎えてしまい、

それ以来手磨きに戻っていました。

手磨きをしていたときは、馬毛歯ブラシを使用。

ややお高めなんですが3カ月ぐらいは優に持つのでコスパもよく、

なんといっても適度な弾力で気持ちがよかった!

 

ところが……妹が知り合った歯科医(著書多数の有名な歯医者さん)いわく、

毛の詰まった天然毛の歯ブラシは乾燥に時間がかかり、

「雑菌の温床」になるから使ってはいけない、というのです。

 

ようやく「これ!」という歯ブラシに巡り合ったと思っていたので

ショックではありましたが、切り替えの速さでは定評のあるわたくし、

すぐにソニッケアーをポチりました。

 

しばらく電動歯ブラシ+フロスで丁寧にお手入れしていたのですが、

そうすると、もっと完璧にお手入れしたいという欲が生まれてきて……

とうとう昨日、夜中にめちゃくちゃ評判のいいこちらをポチってしまいました。

 

どうした、自分!

というぐらい、最近体のケアにお金を使いまくっていますが

決めちゃったんです。

今年は「肉体改造」の年にするって。

 

本来であれば、もっと若いうちから真剣に考えておくべきことですが、

そうじゃなかったんだから、仕方がない。

アラフィフの今になって気づいたのなら、のんびり構えてる暇はないというわけで

今年はお金も時間も、健康な体作りに優先的に使うことにしました。

 

で、とりあえず「体に入るもの」と「口腔ケア」を見直しているところ。

実は、「遅延型アレルギー検査」も申し込んじゃったんですよね。

 

 

 

 

 

 

iHerbのサプリにはまっている話

今、iHerbにはまっています。

iHerbとは良質なサプリメントやオーガニック商品などを販売する世界で最も大きいアメリカのオンラインショップのこと。

 

記憶力の衰えが気になりつつあり、フィッシュオイルとイチョウ葉サプリメントを探していたのですが、40ドル(日本円で4500円ぐらい)以上買うと送料が無料になるということで、評判の高かったリプライセルというビタミンCとビオチン等を合わせて購入。そうしたらこれがすごかった!

 

ビオチンは皮膚や髪の健康を保つのに必要な栄養素ということですが、私は『花粉症が軽減された』というレビューに惹かれて購入。

ビタミンCを一緒に摂ると吸収がよくなるということで、ちょっとお高かったのですが、美容大好き女子がこぞって「いい!」と絶賛しているリプライセルも買ってみたのです。

でね、飲み始めてすぐ、それまで色素が沈着して、やや硬化していたひじがピカッピカになったんですよ!

しかも気がつくと体のあちこちがすべすべになっていて、無意識に自分の手足やおしり触ってしまうという現象が(笑)。ほら、赤ちゃんの肌を触るのって気持ちがいいじゃないですか。あの感じをセルフで体験できるっていう。

 

それからレビューを見てはいろいろ試して約半年、現在はこれだけのサプリメントを飲んでいます。

f:id:ukosako:20180525110620j:plain

 

ここのところ、というか去年の春先からだから、もう1年以上?

めちゃくちゃ忙しい日々が続いていて、ストレスで過食をしたり、とにかく心身ともにクタクタでボロボロだったのですが、これらのサプリを飲み始めて、今はすこぶる調子がよいのです。

もちろん疲れてはいるし、絶好調!とはいえませんが、どんなに遅く寝ても朝ぱちっと目が覚めるし、どんなに深酒しても翌日残らないし、これだけ体によくない生活をしているわりに、お肌の調子は忙しくなる前よりもよくなっています。むしろ、ここ数年間で、一番いい状態なんじゃないでしょうか。

 

そして、昨日、またまた新たなサプリを購入しました。

だいたい5~6日後ぐらいに届くので、それが届いてしばらく試して効果が見えてきたところで、具体的なサプリの紹介をしてみようと思います。

 

 

メンタルにも影響大だった家具の配置

f:id:ukosako:20180507203107j:plain

こちらの配置にしてから、空気の抜けがよくなり、気分まで風通しよくなっているような感覚を覚えます。

 

手前の仕事ゾーンで作業をすることが多いのですが、スチールラックがちょうどよく壁になってくれて、奥で夫がテレビを見ていても、あまり気になりません。

それでいて完全に分離しているわけではないので、気配も感じられるし、必要なときに会話もできるし、キッチンが近いから(写真のさらに手前側)、火にかけた鍋を気にしつつ仕事する、みたいなことが安全に行えたりと、働く主婦には何かとメリット多し。

 

f:id:ukosako:20180525110612j:plain

今朝の猫ども。

奥のソファの黒い棒状のものは、黒猫です。

手前のワンシーターは完全にアメショ専用になってしまいました。

黒猫は寒いうちは食パンクッションで寝てくれていたのですが、最近はもっぱら座面と背の間に伸びているか、床で四肢を伸ばしてぐだっています。

 

テーブルは無印のリビングでもダイニングでも(逆だったかな)使えるシリーズ。夫とふたりなので、リビングとダイニングをわざわざわけなくてもいいよね、と昨年末からこの形に。

我が家はふたりとも仕事の時間が不規則で、食事もバラバラに取ることが多く、くつろぐスペースと食事のスペースをわけたほうがいいかなと思っていたのですが、一緒でも問題なかったみたい。

一方が食事してる隣りで、もう一方がPC使ったりしているので、そういうのが衛生的に無理!って人はダメでしょうが…。

 

同じ広さでも、家具の配置によって、こんなに気分が違うんだ、というのを実感する日々。

夫も私も出張が多く、行く前や帰ってきてから、しばらくスーツケースなどの出張グッズを出しっぱなしにしてしまうこともあるのですが(くたびれちゃうんでね)、手前側にガラーンとしたスペースがあるので、なんかあんまりごちゃごちゃ下感じにならないのも助かります。

掃除もしやすくなって、以前よりずっと、部屋をきれいに保てるようになりました。

一番長い時間を過ごすスペースなので、この配置にしてから、メンタル面も安定してきた気がします。

 



試行錯誤

LDKはもともとオーソドックスにダイニングセットと、

ソファ&ローテーブルでダイニングとリビングスペースをわけていました。

f:id:ukosako:20170908142608j:plain

わかりづらいですが、ダイニングテーブルからリビング側を見た風景。

 

しかーし、少しでも家具を減らしたいという思いから、

無印の「リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ」のテーブルを買い、

ダイニングとリビングを集約したのがこちら。

f:id:ukosako:20180214165533j:plain

 手前の元ダイニングスペースがガラーーーンとなりました。

 

その後、テーブルをダイニング専用にして、

リビング部分をフリースペースにしてみたのが、こちら。

f:id:ukosako:20180507203052j:plain

今度はリビングがガラーーーーン。

 

 

ところが、これはいろいろ不都合がありまして。

一番の問題は、私がこのテーブルで仕事をするようになり

(二番目のレイアウトのときは、写真手前の写っていないスペースに

仕事用のデスクを置いていた)

常にテーブルの上にPCやら仕事の書類やらが置きっぱなしの状態に。

かつ、この配置だと意外と掃除がしずらかったんですよね。

 

 

で、もとの配置にテーブルとソファを戻し、

かつ窓際にあったテーブルと別部屋にあったメタルラックを

ダイニングスペースに持ってきたのがこちら。

f:id:ukosako:20180507203107j:plain

写真だと、あまり変化がないように見えますが、

体感の印象はだいぶ違います。

 

とりあえず、一番落ち着く配置になったかな。

机に向かっているときも、左のメタルラックが壁になるため

意外とクローズドな雰囲気を保てています。

個室とまではいきませんが、仕事をするうえでは

今までで一番集中できる環境になりました。